変位センサを取り付ける際の注意点

変位センサを取り付ける際の注意点

変位センサの取り付けは、誤差を出さないためにも慎重に取り付けることが肝心です。
そこで、取り付ける際の注意点をいくつか見ていきます。
まずは、測定周囲が内壁に囲まれて溝状の環境の場合などは、内壁に遮られないように取りつけましょう。
また、壁面から反射光を受けると誤差が生じることがあるため、壁面から離して取りつけることも大切です。
壁面からの反射がある場合は、つや消しの黒色塗装をして防ぐ方法もあります。
次に配線についてですが、定格電流を守ることが肝心であり、それを超えて使うと破損のおそれがありますので注意が必要です。
加えて、変位センサは高圧線や動力線とは別配線とすることも大切で、同一の配線にすると破損や誤作動のもとになることもあります。
使わないリード線は他の端子との接触を避けるため、切断したうえで絶縁テープを巻き処理しましょう。
さらに、変位センサを使用する環境での注意点ですが、0度以下の場合、塩化ビニール製のコードは硬化しやすくなります。
屈曲をおこなうと断線する可能性もあるため、低温化ではケーブルの曲げはおこなわないことが大切です。

配線など難しく複雑なところでも変位センサは使えます

工業製品や医療工業などにおいて重要なのは計測です。
きちんと的確に正確に測量し、製造していくことで品質の酔うものが出来上がり、安全も担保されるようになるのです。
こうしたことをおろそかにすると、不良品の大量生産、破損品などを流通させてしまうことになるんです。
企業の損失は莫大なものとなり、時にはリコールの対象になることもあります。
また自動車や医療機器などでこうした不良品が生産されてしまうと、人に命にもかかわってくることで看過できません。
そのため正確に測量できる機器が何よりも重要になります。
そこでおすすめしたいのがレーザ変位センサです。
レーザ変位センサは対象物に触れることなく、寸分狂わず正確に測量することが可能となります。
人が触れては危険な対象物などの計測に最適であり、さらに様々な計測ができます。
厚みや大きさ、高さの他反りや揺れ、湾曲などに関しても測定可能です。
レーザ変位センサは配線が複雑な個所や狭い場所などのにも設置可能でコンパクトです。
それゆえ汎用性も広いのです。

に関する情報サイト
変位センサの基礎知識

物体の様々な状況を電気信号として出力するセンサと呼びます。どのような状況を調べたいのかや測定状況や測定精度により選択を行う必要があります。その一つの種類である変位センサでは、物体の位置変化を電気信号として出力します。測定原理には、測りたいものとの間でコンデンサーを形成して静電容量を調べたり、交流磁場を加えて発生する渦電流を計測したり、光照射による物体からの散乱光や反射光の位置変化を調べるというものがあります。

Search